ぼちぼち観察記録

見た舞台の感想やオススメや自分語り。関西小劇場と、推しさん。

Patchについてぼやく。

好き勝手ぼやきます。そこまで口は悪くないはず。

ざっくり言うと「ぱっちが減っていくの寂しい!!!!!」しか言うてないけど。

 

そうそう、よしくん『にんじん』初日おめでとうございます!今週行くしめちゃくちゃ感想書くので、まだ迷ってる人いたら参考にしてね!!こんなついでのように言いたくなかったんだけどな!!

 

 

わたしが劇団Patchにハマった要因のひとつに、2015年の秋頃からあまりテレビを見なくなったっていうのがあるんですね。テレビが苦手になって、カットも編集もされずに生で(勿論舞台裏の様子はわからないけども)受け取れる「舞台」ばかり見るようになった年。
2015年夏に推しさんが結婚して、それはもーーーーーーアレコレ叩かれまくって、ワイドショーやネットニュースが如何に悪意をもって編集されたものだったかを思い知って(全てがそうだとは言わないけども)、それでもかろうじて音楽番組で輝くアイドルに癒やされたりしてたんだけどもそれも2016年に奪われて。

芸能界って、事務所ってなんなんだろうなぁって思った。
事務所といえば、推しさんもとい山本耕史さんって家族経営の個人事務所なんですね。事務所のバーター出演とかコネとか契約切れとかそういう概念がない。芸歴40年(年齢も40歳)のほとんどをその状態で乗り切ってきてるってホントすごい人だ…。

 

そんな折に、テレビにはほとんど出ないけど自分たちでチラシを配ってチケットを売って、仕込みもバラシもやって小道具も作って、精一杯演劇に向き合ってる彼らの輝きにフラフラと惹かれたんですよね。

Patchはアイドルじゃないけどもブロマイドが買えたり、握手会のようなノリで一対一でお話する機会も結構ある。小劇場の公演後の面会とかね。手売りでチケットを買えばだいたい一緒に写真が撮れたりする。かと思えば劇場ロビーであまりに普通に客として座っていたり、twitterでめちゃくちゃ酒を飲んでいるし写真の背景ぼかさない。一般人と芸能人の境目がふわふわしてることが多いなと思います。いや芸能人なんだけど。たまに境目完全になくなっててコラコラって思うけど。現在地のわかるツイートにはほんと気をつけて欲しい。

わたしはPatchのそんな半分一般人みたいなところはめっちゃ好き。ワタナベという大きな事務所に所属してるわりには芸能人として眩しすぎない…というと語弊があるのだけど、応援したくなる感が半端ない。

そうやって2016年頭から応援し始めて2017年明けにこれを書いて、

yhforestmk.hateblo.jp

それから半年と少しで末満さんがPatchから去り、劇団員が4人(村川くんはこれ書いた時点で決まってたとはいえ)減るとか何事!!?!?!
って思って今ぐだ巻いています。メンバーの入れ替わりが激しいのは今に始まったことではないし、ここ二年分くらいしか知らないお前が何を言うねんって感じだけど。

 

Patchの良いとこの一つに「バラエティに富んだメンバー」っていうのがあると思っていて。根っからの演劇馬鹿ばかりではなく、演劇に興味なかった歌手志望とか、サッカーしかやってこなかった子とか、空手と特撮とジャニオタとか、歌がめちゃくちゃ上手い子けどちょっと横幅がある子とか、アニオタでドルオタとか。それぞれ誰のことかは上の記事参照で。
オーディションでもキャラ得部門を設けたりと「イケメンでなくても演劇できなくても最初はオッケー」ってことを事務所も推奨してるんだな~って思ってたんですけど、最近演劇一本に絞ってるのか…?って思うことが多すぎて。

それだけバラエティに富んでるから、最近色んなことがメンバー内でできるようになってきたんですよ。先の本公演「羽生蓮太郎」は、日替わりと声の出演を含めて劇団員が全員出演した上に、演出助手とプロデューサー補に村川・宣伝美術に竹下・パンフ構成に中山・衣装進行に藤戸・小道具製作に星璃と吉本とスタッフ欄もメンバーの名前だらけ。(次回本公演「JOURNEY-浪花忍法帖-」では小道具以外に殺陣つけを星璃が・衣装の一部を田中が作ったりと、きっと他にも色々している。)
劇団員皆でひとつの舞台を作り上げていて、それがもう最高に好きで。尊い。演技が得意じゃないメンバーもそれぞれの方面で活躍ができる環境。

あぁ、末満さんが離れられてもPatchは大丈夫だって思ったし東京公演決まった時もめちゃくちゃ嬉しかったんだけども、そっからこんな立て続けに減るとかマジかよ!?!?

外部仕事との兼ね合いもあるから常に全員が本公演に出てくれとは望まないけども、別の仕事をしながら劇団をサポートしたり、今回は裏方スタッフでとか、しばらく不参加でとか、そんな感じじゃダメなのかなぁ…ダメなんだろうなぁ。小劇場の役者さんってそういう感じの方が多い印象なのだけど、大手事務所所属だとそういう自由はきかないか。東京進出するなら身内だけでゆるゆるやってるのは許されないのかな。そういうことも好きなんだけどなーーしょうがないのかーーー。

本公演に出なくても、ありちゃんの声はもっともっと聞きたかったし三期ツインタワーで二人舞台とかやってほしかったし、真吾ちゃんはずっとメンバーの太陽でいてたまに物販とかで迷言生み出しまくってほしかったし、やまちゃんにはまたブロマイドやアニメイトイベントをプロデュースしてほしかった。でもそんなの全部わたし(ファン)側のエゴだもんなー!みんな新しい道をみつけてそっちを優先したいなら、寂しいけれど応援できる。でも特にやまちゃんはハブレン後のブログの印象が強かったから悲しいわ。そんなに芸能界は甘くないと言われればそれまでなのだけど。

 

5期オーディションが控えている(もうやってるか?)のだけど、何人入るんだろう。どういう子が増えるんだろう。演劇経験者が多かったりするのかな。
わたしはまだ新しい子が加入してくるのを体験したことがないのだけど、もう少し心穏やかな状態で迎えたい。