ぼちぼち観察記録

見た舞台の感想やオススメや自分語り。関西小劇場と、推しさん。

2019年4月の観劇まとめ。

GWが終わってしまった…。舞台見たり舞台見たり片付け(まだ途中)したり原稿やってオタクイベント行ったりWOWOWで修羅天魔見たりとなかなかの充実度でした。

前回のまとめに感想追記もしました↓

yhforestmk.hateblo.jp

3月にかっ飛ばし過ぎたので、「4月は今あるチケ以外は…いやすでに結構あるけど…もう増やさないぞ!」って言いながら2つくらい増えました。自分が信用ならん。

大きいのから小さいのまで色々見て楽しかったので、今回も早めにまとめ。

 

 

4/5マチネ 劇団四季 リトルマーメイド(大阪四季劇場)

タイミングを逃し続けて初四季。脚本演出がきちっとしていて、キャストもベテランで安心して見れる舞台ってすごいなぁ…という、めっちゃ当たり前であるはずの感想を抱いたりした。歌がうまいのが当たり前の世界すごい。ずーっとこうだとわたしはきっと息が詰まるけども、たまには見たい。
アリエルが二人(以上?)いて場面の切り替えがスムーズだったり、アンダー・ザ・シーのクラゲの足のクオリティが高すぎて素材が気になったり、お話がシンプルな分色んなところを見て楽しめました。カーテンコールでキャストの人数の少なさにびっくりしたんだけど、裏での早替えとかすごいんだろうな…!

予習でディズニーアニメ版見直したかったんだけど時間がなくて、歌詞はKH2版のものに馴染みがあったんだけど、結果として舞台として完成されてるから予習なんかいるわけなかった。むしろ歌詞の違いが気になったので何も知らずに見ればよかった。
世間に溢れる2.5次元作品とはまた違うのはわかってるんだけど、去年のメリポピ(ホリプロだけど)といい今回といい、下手に原作やアニメ見てない方がすんなり見れる作品の方がすっと入ってくるし見易いよなぁ…と、いまや他作品の予習必須になりつつあるTRUMPシリーズのファンの口で言う。難しいね。

 

4/5ソワレ スロウハイツの神様サンケイホールブリーゼ

キャラメルさん見るのは3回目。フォロワーに勧められてたので、当日朝に行こうと決めてリトルマーメイド見る前にぴあでハーフプライスチケット買いました。なんて便利なんだ…さすがやでキャラメルさん…。

これも予習(復習か?)しようかと思ったけどさすがに読み返す時間はなく。でも、よく二時間で収まるな…!?って感心した。テンポがすげぇ。さすがキャラメル(何回言うねん)

辻村深月さんの本は身内何人かに勧められて名前探しまでを一気に刊行順に読んで、伏線回収の鬼~!!って唸ったし精密な心理描写にしんどくなったりした記憶がある。もう内容は忘れてるな~って思ってたけど始まってみればだいたい覚えてて、序盤から散りばめられた伏線台詞にふふって笑ってた。

ショートストーリーAB両方あるお得な日だったんですけど、玉置玲央さんを久々にいっぱい見れてうれしかった。狩野可愛いよ狩野。森山栄治さんの良い声といい耳も楽しい作品だったし、物作りをしたくなった。クリエイター達の住む家の話なのもあるけど、単純にものすごい熱量に感化される。

キャラメル作品の女性は強い、けどその分ヒステリーなとこも目についちゃって、今まで見た竜馬も無伴奏もそこがひっかかったんだけど、環の苛烈で真っ直ぐなところを知っていたのですんなりと見れた。マスコミ云々も苦手だけども、原作知ってるから見れる作品もあるよなぁ…って、リトルマーメイドと真逆なことを思った観劇デーでした。

 

4/6 ゲキ×シネ「髑髏城の七人season鳥」

あまり久々でない登城!花でばっさりいかれてたスクリーンや客席の頭が結構映ってて驚いたし移動シーンもあった。ステアラ機構のネタバレ禁止じゃなかった。監督さんが違うとこんなに違うのかー!って興味深かったんだけど、改めて演出家一緒なのにあれだけ違う髑髏城本編すげぇなとも思った…。

でもかなり色々入ってるのにこの上映時間で収まってるのどういうこっちゃ。そこ切るのにその台詞は入れるの!?って笑ったり戸惑ったり。わかってんのに贋鉄斎で笑うからずるい。音響調整で歌がめちゃくちゃ聞きやすくて、劇場でところどころ聞こえなかった歌詞がガンガン入ってくるのでめっちゃ刺さる…。

ライビュの時明らかに早乙女蘭兵衛についていけてなかったカメラに笑ってたけど、さすがにゲキシネ見易い。黄泉笛に被さる太夫のイメージ映像、ベタだけど映画っぽくて嫌いじゃない。

カテコ最後まで入ってんのはシンプルにうらやましいです!今月パークスでまた見れるから行きたいな~!

 

4月2週目も何か見た気がしてたけど第二回はじめての繭期でした。ほぼ全夜見た。

 

4/20 10時回 ルパンレンジャーVSパトレンジャー ファイナルライブツアー(オリックス劇場

魔のオリックス3階だったので音響がハチャメチャだったんですけど、脚本もいい具合に本編要素を入れつつ、絶対やるやろなと思ってたドグラニオ様奪還もあり、見たいものが見れた!っていう感じで満足。

2019年に歌って踊る工藤遥さんを生で見れたことにグッと来てしまった。客席との関わり方がプロだった(プロだよ)

わちゃわちゃしつつもおとなしくて、今年はキャストみんな落ち着いてるなーと思ってたんですが朝回だけだったらしいですね。FLT、後ろの回ほどめちゃめちゃ。

 

4/21マチネ 『BLUE/ORANGE』(DDD青山クロスシアター)

yhforestmk.hateblo.jp

おもしろいだろうなーとは思ってたけど、単独感想書いてしまうほどだった。

 

4/21ソワレ Patch ×TRUMP series 10th ANNIVERSARY『SPECTER』(本多劇場

数年ぶりに行った下北沢、変わり過ぎててどこかと思った。

初めて行った本多劇場は傾斜がしっかりあるので見易かったし、全体的なサイズ感がABCホールっぽくて初演をしみじみ思い出したりしました。音響も良かったよね?台詞めっちゃしっかり聞こえたし、アンサンブル村人たちの会話までばっちりだった。カルロが背負う、ライネスが一番盛り上がるとことかすごい刺さってきて一番よかった…。

見れたのは大阪と合わせて5公演。初日にしかなかった台詞も結構あったり、例のカテコが増えたりどんどん変わっていった。千秋楽はとても丁寧に終わった。

カテコ最後まで見届けたかったので終演後新幹線ダッシュしたんですが、見に来れてよかったー!

 

4/28 宝塚歌劇団宙組オーシャンズ11』(宝塚大劇場

yhforestmk.hateblo.jp

 

SPECTERに限らず、単独で感想記事書きたいと思う推し公演ほど書けないまま終わるのは、そういう公演は絵を色々描くからなんだよな…。レポ絵も感想ブログも、頭の桶の水を蒸発させるための手段なのでどっちかをやると満足する。そう思うと、どっちもやってた花髑髏への熱がすごかった…。

頭の桶の話はこれです。

 

バランスよく色々見れたなーって思う4月でした。

5月は毎年恒例の中之島文化祭があり(超楽しかった)、COCOONが始まるし風ゲキシネもあるし、なんと刀剣乱舞映画4Dとパークス花髑髏で推しさんの信長→蘭丸コンボが決められる!

とりあえず近い内に中之島文化祭の感想書きます。