ぼちぼち観察記録

見た舞台の感想やオススメや自分語り。関西小劇場と、推しさん。

エンタメを浴び続けた2-3月の記録。

2月頭までの分はこちら↓

yhforestmk.hateblo.jp

3月はめちゃくちゃ行きたくなかった親戚行事と気の重い職場の飲み会が決まっていたうえに、推し舞台と推し劇団舞台の日程が大阪でかぶり、トドメの『チケットはあるのに推し舞台初日に行けない』にめちゃくちゃ落ち込んで

「もーーーーーやだ!!こうなったら大阪で見たいもん全部見てやる!!!」

と開き直って色んなものを見に行きました。オタク、心の傷をエンタメで埋めがち。初日分のチケ代と往復交通費が浮いたも事実だし…。

一つずつちゃんと長めの感想書いてたんですが、終わりそうにないのでそれは10連休の自分に期待。ざっくりいきます。

4/27、10連休初日。とりあえずレキシアターとSPECTER以外のとこに感想を追記。

 

 

 

2/22 舞台版「地球戦士ゼロス」FINAL THE END OF JUSTICE(ABCホール

去年の上半期感想で「全てが最高だった!」と書いた矢先に活動休止が発表されたゼロス。
ゼロスのことは少し前から知っていた。なんばや日本橋を歩けばポスターを見かけるし、各地のイベント等に出ている写真を見たこともある。
舞台版は、友人に勧められて前回公演の「プリンセス・オブ・マリーナ」を見に行ったのが最初。そして今回が最後。寂しい気持ちはあるけども、今回が初めてじゃなくてよかったし、ゼロスに会わずに人生を終えずによかった…!!

前回散ったシグマ役の小林さんが今回もいて、何役なんだろう…と不思議に思っていたらブロマイドのビジュアルが隠されてて。うわ、これ絶対重要キャラだ!って構えていたんだけどオープニングでシグマが出てきて速攻泣いた。深層心理が実体化する、みたいな流れになったので「うわ…誰の記憶や…いやそんなん隊長やろ絶対……」って先に泣いてたんだけど、生きてたんかい!!!シュトロハイムか!!

わたしは「民衆がヒーローを応援する声」にめちゃくちゃ弱くて、特撮映画はだいたいそういうシーンで涙腺決壊するんだけども、この舞台でその「民衆」になれたのが嬉しかったなぁ。思いっきりゼロスを応援できた。

ザクスがやけにヒロインなのがちょっと気になってたんだけど、最後のあのシーンのためだったのか…!!と気付いてからはもうずっとボロボロに泣いてしまってしんどかった…。ヒーローが去る瞬間を見てしまった。最後まで目で追いたかったんだけど、追ってしまったら本当にいなくなってしまう気がして見れなかった。

萩野さんのダークヒーローかっこよすぎたし、私はあまり詳しくないのだけど某パークキャストの方々は本当にうまいなぁ…と惚れ惚れする。
最初から最後まで大満足。ゼロス、10年間本当にお疲れ様でした。

 

3/8(昼夜)・3/14・3/20・3/23 ゲキ×シネ「髑髏城の七人season花」

yhforestmk.hateblo.jpブルク城が何故か二度も延長して三週間やってたので、結局5回行きました。毎日でも行きたかった。鳥も始まったし、5月にはなんばパークス城に花が咲く!!
推し舞台になかなか行けずささくれだった心を確実に癒やしてくれました。ありがとうゲキシネ花。

 

3/17 劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎『偽義経冥界歌』(フェスティバルホール

見た人の感想の熱があまりにすごくて気になってしまって。あと回るって聞いて。予定をねじこみました。

開演前(終演後もか)の曲がいつも一緒なので、あの曲を聞きながら待っていると身体が勝手に回る準備を始めてしまう。スクリーンに映されるあらすじにもそわそわする。あぁ~回ってる錯覚起こす~!!って苦笑してたんですけど、実際フェスティバルホール回りましたね。特に二幕。いやそんな長距離走らんでもええよ!スクリーン映像じわじわ移動させんな!!回ってる~!!!

というステアラの亡霊の話は置いといて。サクサク進む話は痛快で、個性的なキャラは知っている劇団員さんやキャストばかり。歴史に詳しくなくてもなんとなくの流れはわかるし、キャラ名を少し変えてあるおかげで史実との齟齬はそこまで気にならない…というか、気にしてる場合じゃない!おもしろい!
「力押しなとこはそりゃあるけどそれも新感線脚本の良いとこだもんな」って思いながら見てたらその辺ちゃんと伏線だったし、っていうか最初から最後まで伏線だった。はーー面白いホンだな~~~やっぱホンは大事だな~~!

生田斗真氏の圧倒的「光」属性にやられたし、クソガキ牛若ちゃんゆっくんとのシンメはエモかった。櫻子ちゃんの心に染み渡る歌に、板の上を端から端まで走り回る優馬くんの若さとキラキラしたオーラ…というかこの兄弟アホほど顔がいい……。
りょうさん演じる黄泉津が秀衡から「お前は最後まで、」って言われるの、あまりに刺さる。極楽太夫が蘭兵衛に言うやつ…それこないだ見た…。

めちゃくちゃ奇をてらった話ではなく(幽悲伝を思い出して「なんだこの光の幽悲伝…大正解の幽悲伝…」という感想を抱いたりした。)、ド王道のエンタメでこんなにおもしろくて、しかもこれが新作なんだと思うと本当にすごい。

大阪で新感線を見たのが蒼の乱ぶりで、その頃は新感線の成り立ちもよく知らなかったんですけど、関西小劇場でPatch見てても壱劇屋さんを見てても、関西出身の劇団として常に新感線がずーっと先を走っているなぁって思うことが多いので、今月大阪でこの三つを見られるのなんだか嬉しい。大阪で新感線に出るさとしさんを見れたのもエモかった。若干無理矢理でも行ってよかったです。

 

3/21 劇団壱劇屋『猩獣』(新作)(HEP HALL

行けないと思ってて前情報シャットダウンしてた(知れば知るほど悔しいから…)ので、再演と新作どっちに誰が出るかもわからず行きました。台本も買えてないのでキャラ名もわからない。それでもおもしろい楽しいのがこのワードレスシリーズのいいところ。

竹村さんの作る話のド王道の中に、狂ってもがいて散っていく壱劇屋ガールズたちの役どころが新鮮でめっっちゃよかった…。こばーんさんのビジュアルが最強すぎた(けど、彼の顛末には若干疑問が残る。幸せになれてよかったけども、彼のやったことを思うとどっかで死ぬと思ってた)のと、殺陣がうまくて苦悩が似合う(すいません)西分さんのショートカット従者あまりに完璧なのとか、安達さんの””美””の異常なまでの説得力とか、藤島さんの溢れるママみからの狂いっぷりに感じる恐怖とかで劇団員の良さを存分に発揮している。そんな中で、柏木さんのギャップがとんでもなくて!MVP!ビジュアルも戦い方も良すぎ……

次作は久々に台詞解禁ということで。楽しみ。

 

3/23 劇団壱劇屋『猩獣』(再演)(HEP HALL

新作見れたし再演も!って当日券で行ったら、びっくり人間博覧会だった。

赤星さんほんとに重力の元で生きてる?衣装のヒラみがワイヤーでもついてんのかってくらいキレイだったけどどこまで計算されているのか。一瞬でも見失ったらすでに違うところに居て、やっぱりあの人縮地が使えるんだ…って感動した。このとんでもない身体能力、主にHEP HALLでしか見れないの贅沢すぎるでしょ。

高安智ちゃんは関節どうなってんの??っていうか関節ほんとにくっついてる?終演後にお写真撮らせて頂いたけどメイクのこだわりがすごかったし衣装の工夫もすごい。そして周りの布たちがやばい。軍議(?)中に遊んでてかわいかった。

よっしーさんの梯子殺陣すげぇし山本さんはちゃめちゃに強そうで、よくこれに勝てたな…って思ったけど猩獣の強さは規格外で。オーラがすごい。

行きたくない親戚行事がこの日で14時には終わったので、親戚行事からの猩獣からのゲキシネ花でした。マチネジュルネソワレ(親戚行事を演目にすな)

 

3/24・3/31マチネ 愛のレキシアター「びぎにんぐ・おぶ・らぶ」(赤坂ACTシアター/オリックス劇場

1年3ヶ月ぶりの推し舞台!!!!に2回しか行けないとは思いもしなかったけど身体は一つしかないからね!!これ個別記事書きたいなーめちゃめちゃ楽しかった。予想以上に豪華な磯ミュ(※浮世戯言歌劇『磯部磯兵衛物語』)だと思ったらこっちの愛称が稲ミュでわろた。

東京楽は推しさんの声がえらいこっちゃになってたけどそれのカバーぢからに感服し、大阪はKMTRあたりから号泣してしまって、泣いたまんまカテコ終わってすぐ次の現場に走る不審者になってた。その前後でお会いできたフォロワーさんたちありがとうございました。推しさんおめでとうございました。

 

3/29・3/30マチソワ・3/31 Patch ×TRUMP series 10th ANNIVERSARY『SPECTER』(森ノ宮ピロティホール

大阪全通。といっても4公演。まだ東京公演あるので感想は追々。
ネタバレだらけですが一応ふせったーに色々投げてます。

fusetter.com

 

ボクカツ大楽で再演が発表されて席で泣き崩れ、日程が出たら推し舞台とドン被りで情緒不安定になり、配役発表でガッツポーズし、レキシアターが円盤化なさそうと聞いてまた不安になり(こっちは出る)。3月ずっと情緒がめちゃくちゃだった最大の原因。

結果的に、後悔しない選択ができて幸せだったなと思います。大好きなSPECTERの再演じゃなかったら、推しくんの配役が違ったら、推しさん舞台が重く拗らせるタイプのものだったら、また違ったと思うけど。今回は、これでよかった。

 

花髑髏の時にも一度天秤にかけてPatchを選んでいて(あれは公演期間長かったのでそんな辛くなかったけど)、もー正直こんな被り方してほしくないので推しと推しの共演を心待ちにしています。白井さん2年後くらいによろしくお願いします。

 

 

1-3月でチケットが24枚?かな…。すでに去年の上半期と同じくらい。うち5枚がゲキシネだけども。

4月に入ってすでに2公演(四季とキャラメル)とゲキシネ鳥を見ていて、あと今月はブルオレとSPECTER東京と、まさかの宙組オーシャンズで平成の観劇は締めくくられます。バラエティ豊かだし、最近大きな劇団が多い。

今年度もじゃんじゃんエンタメを浴びて生きたいです。