ぼちぼち観察記録

見た舞台の感想やオススメや自分語り。関西小劇場と、推しさん。

観劇まとめ2018年下半期

観劇数、めっちゃ減りましたね!!!(そうか?)

いやー今年は仕方がない。何かとブライベートでバタバタしたし。

でも正直プライベート云々の話より、チケ数が減った一番の要因は『推しさん舞台がなかったから』…というか、『推しさん舞台、今年はないけど来年3月にやるよ!!』という宣言があったために、夏くらいから「解禁いつ?チケ代振込いつ??今度こそ地方公演ある!?」と数ヶ月間ソワソワし続け、貯金しなきゃ…とその間に発売されていく気になるチケットのほとんど(除くPatch関連)を取れなかったことですね。貯金できたかというと、まぁまぁです。

ちなみに推しさん舞台は約5年ぶりの大阪公演が決まったんですけど、まさかのSPECTER再演(大阪)とドン被り。2日間だけでいいから分身させて。

 

2018年上半期まとめはこちら。yhforestmk.hateblo.jp

この時点では「今のところ去年と観劇数変わらない」って言ってたな…。

というわけで下半期まとめです。概ねツイからのコピペを再編。一部大幅追加。

 

◆7/6 ミュージカル『モーツァルト!』(梅田芸術劇場

西日本豪雨の影響で観劇そのものを断念。(返金手続きしてもらいました)

思えば、下半期初っ端からこれでちょっと観劇モチベが下がってしまったのはあるな…。記念すべきゆんヴォルフの初大阪公演、見たかったーー!!!
家や身内に直接的な被害はなかったのですが、今年は地震・事故等で地元沿線不通による帰宅困難に複数回ブチあたり、このブログを読んでる方にはお馴染みの新幹線泊もまだ記憶に新しく。いくら被害が少なくとも、あの大雨の中劇場まで行く勇気が出なかった…。夏は特に、出かけること自体に消極的になってましたね。まさか9月にアレが待っていようとは。

 

◆7/13 ミュージカル「忍たま乱太郎」第9弾再演~忍術学園陥落!夢のまた夢!?~(シアター・ドラマシティ)

忍ミュのおたくと仲良くなったのでDVD見せてもらったりして、元々忍たまも好きだし一回生見てみよう~と参戦。アクションがJAEさんなのでヒーローショーっぽさがとても好き。ひらんしゅのインディアカみ。

原作やアニメでそんなに気にかけてなかった凄腕さんとドす部下がすごく好きになったので、やっぱ舞台はそういうとこが良いな…!ドクタケもね!あんなにみんなキャラが濃いとは。殿は顔と歌が濃かった。

名前がない歌が好き。言うてることアホなのにいい歌っぽい感じ。普通にドクササコ見てたら前列のドクタケもえらいこっちゃになっててびっくりした。

かなーーり端の席だったので、DVDで過去作見た時の照明やフォーメーションのきれいさは感じられなくてそれはちょっと残念。あと勇100の振付予習すべきだった。そんなんあるの知らなくて(DVDにないから)へぇ~勇100歌うんだ~!ってウキウキしてたらサビで周りが一斉に踊り出してマジでびびった。初忍ミュの洗礼を受けた。

個人的なエピとしてはちょうど金カムにダダハマった頃だったので、網問がレプンカムイって言った瞬間脳内でシャチが飛び上がったし曲が終わる頃には竜田揚げになってた。いつかGロで見たいなぁ。

 

◆7/14 Vシネマ炎神戦隊ゴーオンジャー10YEARS GRANDPRIX」舞台挨拶付上映会(梅田ブルク7

観劇とは違うけども今年ヒーロー関連全然行けてないのでカウント。内容も良かったし、舞台挨拶のみんなが10年前とあまりに変わらなさすぎて「今何年…!?!?」ってびっくりしてた。2008年だった。

 

◆8/18 七つの大罪 the STAGE(シアター・ドラマシティ)

納谷さん初主演おめでとう~!ということで原作ファンの友人と。現場といえば嵐コンって感じの友人なのでドラマシティの一桁列の近さに「????」って顔をしてた。

七ステって略されてたけどめっちゃ歌うし踊るし七ミュでは!?ってびっくり。(個人的に2.5はミュの方が見やすいのでありがたい)ジャー忍の時から感じてた「真ん中に立つ時の納谷さんの華」がバンバン出ててすごいよかったです。

2.5色々見てきたけど、今回は試しに(?)原作未読で挑んでみました。アニメちょっと見たことあるから完全に知らないわけじゃないけど。身長体型、アニメとの声の違い、必殺技の演出等の『原作の再現度』がわからないので、何の不満もなく「すげー!!」って見れました。もちろん、感動もきっと予習した時より薄れてるんだろうけど。時々「あー今めっちゃ話飛ばしたんだろうな」と感じたりはした(観劇慣れのせいかも)けど、そこまで予習なしで困ったことはなかった気がする。

続編ありきっぽい終わり方はしょうがないのかなーでも劇場版公開記念的な舞台だったから次作あるのか?柿原てっちゃんめっちゃ良かったからまた見たい。

 

◆8/25・28・9/7 ミュージカル『マリーゴールド』(サンシャイン劇場/TOHOシネマズなんば/シアター・ドラマシティ)3公演

まさか単独感想を書かずに終わるとは…!って感じですが、マリゴは拗らせるよりも先に作品の完成度に満足してしまった節がある。あと今回ハンター出なかったし(ヴァンパイアハンター厨)

事前にいっぱい深読みや考察があったし私も色々考えて臨んだけど、どれも深読みし過ぎでほぼ全部そのままの名前やキャラだったのが、末満さんの手のひらの上でコロコロされた感すごくてめっちゃ楽しかった。コロコロ。横から飛び出してくるソフィあまりにわざとらしく怪しくて爆笑した。

ギニョルからの続投とんちゃん、春林にわざと被らせたような仕草やセリフが最初多くて笑ってたんだけど、ステップ踏み出したり苦悩でゴロゴロ転がるあたりはすごく5DAYSを思い出した。末満さんと石丸さん、死生観とか真反対だろうけどとんちゃんの活かし方が似ている。

ソフィが後方席から見ると髪型がだいぶウェービーなのでクラウスっぽく見える時があったけどわざとなのかな。後のリリウムファルスだと思うと黒髪短髪、D2Rソフィだと思うと茶髪なのにどっちにも寄せずにあれだもんな…

アナベルの美しい顔をライビュでしみじみ見てたら、血の繋がりがあるわけないのにギニョルダリちゃんを思い出す表情がいくつかあって。壮さんのお顔や表情の作り方が男性寄りなのもあるだろうけど、子を愛する姿が似てた。魂が似てる。

音楽が和田さんなのでリリウム以外にもステーシーズやジャンヌや5DAYS、嵐が丘等を思い出すメロディがあって楽しいんですけど、S13「汚名返上」の入りが磯ミュの賽の河原スリラーを思い出して笑っちゃうの悔しい。

ベンジャミンがイニシアチブ取られて「ここにいる人間を全員殺せ」って言われて真っ先に殺すのがシャガなので、もしかして人間?まさか潜入したヴァンパイアハンター??とか勝手に妄想してたらその更に上を行く裏設定がリリイベで発表されたそうで。なんでやねん!

ダンピールの短命についても色々持論を掲げていたのですがマリゴでいくつか潰れたので、本当にすえみつさんはオタクの妄想の上を行く。

初日に戯曲買うために数時間並んだのが懐かしい…一週間遅れのコミケのようだった…。シリーズ初のライビュもあったし、東京大阪間にぱちこいと台風を挟んだので色々と感想がすっ飛んでしまったけどいい感じに楽しみましたマリゴ。DVD買いそびれてるから買わないと。

 

◆9/3 劇団Patchのファン感謝祭!『パッチこーい!!Vol.3』~時は来た。全員集合2days祭り!!~(ABCホール)マチソワ2公演

今年も超超超楽しかった!!!!!!!毎度のことですがぱっちのイベントはその場のテンポや表情が合わさって呼吸ができないほど笑うので、字でレポっても「なんのこっちゃ」としか思えないのが悔しい…みんな来てくれ…!!

尾形大悟が着実に真吾ちゃんのリーサルウェポンっぷりを継いでいってくれてて嬉しい。
たかしくんが「うちの家の幽霊…はDVDとか見てもらったらわかるけど」っていう謎発言してたけどあれは2016年末のパチ合戦で、当時ほぼ同居人と化していた山田くん(元二期生)によって「たかしの家には赤い服を着た幽霊がいる」っていうトークが元なんだけど、その時はその幽霊だけやったはずやのに昨日9体とか言うてなかった??何事??(パチ合戦どころか過去イベのDVDは勿論出てません)(そろそろ出てもええんちゃう…!?)

イヤフォンガンガンゲームのお題とかメモってたはずだけどどっか行った…。とにかく楽しかったんです…(それしか言えない)

 

◆9/4 劇団Patchのファン感謝祭!『パッチこーい!!Vol.3』~時は来た。全員集合2days祭り!!~(ABCホール)マチソワ2公演

台風によりまるっと中止。前日に中止が決まった時は「嘘でしょ……」ってしょんぼりしてたけど、いざ4日の昼になってみたらめちゃめちゃ台風直撃でそれどころではなくなった。アホほど雨漏りしました。
急遽決まったラインライブのぐだぐだなワードウルフやUSAゲームめっちゃ笑った。

しかし、Patchと台風の因縁がまた増えてしまったのであった。

 

◆9/22 ノンバーバルパフォーマンス『ギア-GEAR-』(ギア専用劇場)

諸用で京都ロフトに行きたくて、近いからギア見るか!くらいのノリで行ったけどすっっごい好みの作品でした。キャストが変わると雰囲気変わると聞いたのでまた行きたい。いいむろさん赤が大熊さんに変わるとどうなるのか。何度でも行きたい。劇場のセットの作り込み具合、開演前の挨拶、演出に雰囲気専用劇場の可能性の広さをめちゃめちゃ感じた。あれはわざわざ京都まで見に行く価値あるなぁ。

 

◆10/13 フォレスタコンサートin大阪狭山(SAYAKAホール

ばーちゃんの推しアーティストさんのコンサート。ばーちゃんと行くのが恒例になってますが自分も楽しいので好き。全員ハチャメチャに歌がうまい(当たり前やけど)ので浄化される~!!セトリに「イヨマンテの夜」があって、忍ミュに続きアイヌに狙い撃ちされている…と感じるなど。ばーちゃんはウキウキとクリアファイルと写真集を買っていました。

 

◆10/27 ミュージカル「ジャージー・ボーイズ」(大阪新歌舞伎座

初演の頃は気になりつつ東京だけだったので行けなくて、今回もチケ取れてなかったのですが幸運にも譲っていただけたので行ってきました!スケジュールの都合上WHITEのみ。

何度かブログ書いてるのだけどわたしはミュージカル「メンフィス」がめちゃくちゃ好きで、ジャージーボーイズはメンフィスの少しあとの物語で、メンフィス作中でヒューイが行けなかったニューヨーク、の隣のニュージャージー州。ラジオに売り込むところとか、ネオンがいっぱいのセットとか、「黒人になってからまた来て」的なセリフとかにワオ!って思ったりして。曲のタイプは違うんだけど、同じ国のほぼ同じ時代の音楽の話だ~!って実感するところが多すぎて、いちいち感極まってしまったのでちょっと落ち着いてもう一回見たかった…。メンフィスみを感じてる間に話が進んでしまった感じはある。Can't Take My Eyes Off Youの演出とか特にやばかった…。

めっっっちゃ縦に長いセット、上り下り大変そうだけど見やすくてとても良かった。三階だと見切れるんじゃ?って勝手に心配してたらしっかり見えるらしい。時々盆も回るし、演出がとても好み。

メインどころで初見は中河内さんだけかな?がうちさんもファンの知人が何人もいてあまり初見ってイメージではなかったけどすごく好きな役だった。もっくん出てるのしばらく忘れてて「顔がめっちゃいい…」って思ってた。あっきーの喉は一体どうなっているんだ。

あまり人の舞台を見に行かない推しさんが見に行ってたのも印象的。仲良しの伊礼さんにアドバイスをしていたらしいし、伊礼さんもメンフィスでの推しさんの演技を取り入れたとかなんとか言ってたのでほんとBLUE見たかったー!!

 

◆10/31・11/1・2・4・17 Patch stage vol.12『ボクのシューカツ。』(HEP HALL/博品館劇場)平日マチソワで計8公演

※感想じゃないです。単独で記事書きたい。

推しメンがまたいなーい!と東京どころか初日と楽くらいしか取ってなかったんですけど、Wキャストで出るよ!ってわかった瞬間めっちゃ増えた。わかりやすい。それでもやっぱり東京は迷ってたのに、大阪楽で松井さんが「去年(ジャー忍)は8人だけやったから、今回初めて12人全員で殴り込みに行きます!」って言った瞬間に「あっそうか、そうだな、行こう!!」ってチケット探しました。

推しメンを推しだと自覚したのが2017年に入ってからだったので、そこから考えると初めて推しがいるぱちすてでした。ハブレンは二回だけだったし。サイン入り自引きしたいな~それはそうとして推しブロマがある世界線最高だな~って延々ブロマイド買ったのも楽しかった。推しのいるぱちすて、やばい。東京の前楽以外は推しのいる回全部見たんだけど、もういっそその日も行けばよかったな…。

そして大千秋楽後にSPECTER再演が発表され、息は止まるし手は震えるし涙も出るし、ここ数年で最高に取り乱した。そんな状態で会ってしまったフォロワーさんたち、その節はお世話になりました。

リアルに就活(※転職)しながら通ったという思い出深い作品になったし、初日終わってスマホつけたらいろんな通知やリプが来てて「何事!?」って見たら、推しさんの映画刀剣乱舞出演が決まっていて大混乱したりとたいそう忙しかったな~。思い出がつまりすぎ。

 

◆11/18 劇団Patchのパッチこーい!!~ボクカツ。終活祭り!!~(博品館劇場)2公演

大阪2日目が中止になったのがやっぱり心のどこかでずっとひっかかっていたので、行けてよかった。初東京だからって何の遠慮もなく全力で遊ぶぱっちたちはすごく可愛かった。可愛かった……(かみしめる)

昼回の延々いじられるらんくんとアホのバレるたくちゃんが好き。

 

◆11/30 「光より前に~夜明けの走者たち~」(ABCホール

圧巻。内容にあまりにピンと来なくて谷さんの演出もまだ未経験で、完全にアフトーに釣られてきたけど、今年の観劇で(Patch関連を除くと)一二を争うレベルで好き。

ラジオで山村キャプテンがおっしゃってた通りそこまで走るシーンは多くなくて、人と人の魂がぶつかり合うシーンがいっぱい。キャスト五人だけだし、会話シーンはほぼ二人。熱くなってるシーンは二人とも喋りっぱなしなのにテンポ崩れずとても聞きやすかった。その分心に直接刺さる。走るシーンが最初と最後で、その対比が見事だった…。

テンポというと高橋光臣さん演じる高橋コーチ(ややこしいのかわかりやすいのか)の会話の間がうまかった。コメディリリーフだけど中弛みせずコメディとシリアスの境目がすっぱり。二組の選手とコーチ、どっちもそのコーチあってこそって空気が良かったのでふつうに後半悲しかった。

本当にあった話なのでネタバレも何もないかも知れないけど、世代でなく調べずに行ったわたしは彼の結末にびっくりしたし、そのちょっと前から泣きっぱなしで見てた。嗚咽をこらえながら舞台見たの久々だ…。

あまり重い近代・現代劇が得意でないのだけど、これはすっと入ってきたし良かったと思えた。円谷の話し方が時代がかっていた(自衛官なので)のとその行き過ぎた心意気が武士に近いもので、個人的には時代劇と同じノリで見れたのかもしれない。史実を知らずに見に行く歴史作品って感じ(わたしが歴史おたくなので、そういう作品はほとんどない。)

客層も、谷さん演出のファンなのか円谷さんを知る世代だったのか年齢層高くて驚いた。帰ってから親や祖母に当時のことを聞いたりした。

東京五輪を控えて、来年の大河は東京五輪の話。そんなタイミング(だからこその公演なんだろうけど)でこの作品を見られて本当に良かった。

 

◆12/15 THE ROB CARLTON 16F「SINGER-SONGWRITER」(HEP HALL

安心と安定のクオリティー。ROBさんはキャスト全員の世界観への溶け込み具合が本当にすごいなーと毎回思う。違和感がない。あと毎度毎度キャラが立ちすぎで好き。大原どののめんどくさいけどいい人な感じがめっちゃ絶妙だった

なんちゃって平安、なんちゃって衣装、的なことは言っていたけどそのなんちゃって具合のバランスがとても好きだった。言葉遣いもそんなに難しいゴリゴリの古風でもなく、かといって現代でもなく。げにげに。

毎回「他聞(?)の儀」を執り行うのがおもしろくて真似したくなるんだけど、漢字調べても出てこない、というかそもそも平安時代の日本人が多数決で物事決めるのか?とか考え出すと、それ自体が創作かもしれなくて作り込みのすごさに震える。あんなに当然のようにやってたのに。

そんな中さっそうと出てくる陰陽師的な人最高だった。良い感じに空気を変えてくれる。

今回からパンフ作ったとのことで買ったんですが、新聞サイズなので情報量がすごく多いし読みやすい!広告のクオリティ高い!稽古場の雰囲気面白すぎる!

隅から隅まで満足させてくれるROBさんが好き。

 

 

以上12演目(?)23ステ。かな?天災で3公演分払い戻しをしたので本当なら13演目26ステだったはずだった。ボクカツ8でぱちこい大阪東京計4なので、半分がぱっちですね。光より~も本来アフトー目当てだったのでそこに入れたいくらい。

上半期が18演目26ステだったらしいので、合計30演目59ステ。2017年は38演目69ステだったので、…あんまり減ってなくない?

でも、推しさん舞台(単価が高く東京公演しかない)に去年いっぱい通ったことを思うと、今年はお財布的にも時間的にもかなり助かった。おかげで友人と遊びに行ったり他の趣味を復活させたり、久々に二次元ジャンルにハマってみたりと余裕はかなりできました。 

今年の目標、推し舞台以外の遠征・複ステをしない(これは毎年だけど)、一度見たことのある2.5次元作品は控える、当日券での飛び込みは体調を考慮する、休日を舞台の予定だけで埋めない、しばらく日本の歴史作品封印。

観劇まとめ2018年上半期 - ぼちぼち観察記録

 これも普通に達成ですね。当日券飛び込みはほぼなかった…いやまぁ、ボクカツ東京はだいぶ突発の飛び込みぽい感じだったけど。ROBさんのはなんちゃって平安なのでセーフです。

日本の歴史物封印した結果ミュージカルをたくさん見た年になったのだけど、生バンドで見れたのメリポピとジャージーだけ?地方は録音なことが多いのはちょっと切ない。

WOWOWで髑髏城放送が始まったり、はじめての繭期があったり、DVD見たりと映像観劇もぼちぼちと。

 

感想ツイをコピペするために7月頃からのツイログをずっとたどってたんですが、7月頭にボクカツ詳細が発表されて推しメン(らんくんも)が出ないってわかってめちゃめちゃテンションが下がっていた。やっぱり下半期はM!の項で書いた天候のこともあり、舞台そのもののモチベが下がりまくってたなーと思います。転職もな!とりあえずどうにかなったので今は働いています。

 

来年の予定は、壱劇屋「TABOO」・スリルミー大阪・る戦大阪・どうぶつ会議・ゼロス。そんでSPECTER大阪と東京、COCOONはまだ取れてないけどなんとか大阪で行きたい。なんかいきなりめっちゃ予定詰まってる。去年散々わーわー言うといて結局る戦見るんかい!って感じだけどるひまの空気はすごく好きなんだ…!

あとは、最初にも書いたけど推しさん舞台「びぎにんぐ・おぶ・らぶ」の大阪公演がまさかのSPECTER大阪とダダかぶったために、とりあえず東京で見てきます。本末転倒かよ。

未定な分は、レミゼ何回か行きたい。キンキーも初演よかったから行きたいけど時期がやばい。なんだか3月・5月あたりに見たいものがあまりに固まっていて混乱中です。猩獣も行きたいんだけどな…。

 

来年も推し(推しさんとぱっちとレミゼ )以外の遠征/複ステを控える方向性で行きたいです。

自分のペースで、のんびり楽しい観劇ライフを。