ぼちぼち観察記録

見た舞台の感想やオススメや自分語り。関西小劇場と、推しさん。

中之島春の文化祭2018感想

去年全団体の感想をざっくり書いたら、一年経ってもほとんど思い出せたのでこれはいいなーと今年も書きます。

yhforestmk.hateblo.jp

これも去年書いたけど、中之島春の文化祭は関西小劇場の縮図のような(関西外から参加される団体さんもいる)イベントです。1団体20分の一発勝負。
内容は、歌・ダンス・演劇・コント等なんでもあり。劇団によっては次回公演の導入部分だったり、逆に過去公演のダイジェストを演ったり、文化祭用に一本作って来たり、そもそも文化祭にしか出ない団体があったりととても多彩。普段は別の劇団に所属しているけど今回は○○さんのところでというゲスト出演も多く、一人で何度も出る方も。

一昨年・去年ときて3回目でした。初見の団体はそれこそ文化祭自体に初登場のところがほとんど。毎年新しい出会いがあったり、既知の団体さんも普段とは色の違う演目をやってくださったりと、楽しませて頂いてます。

 

以下感想。twitteでつぶやいたやつのコピペです。敬称略。あと誤字とか勘違いしてたのは直した。

中之島春の文化祭2018

1日目

Aブロック

◆ダイナマイトしゃかりきサ~カス
毎年恒例トップバッターの安定感が素敵。今年は大阪弁の歌がなくてちょっと寂しかったけど、手拍子やレスポンスすっごく楽しかった!数十年ぶりの合唱(?)はすごく難しかった(笑)今年は野外ステージでのお姿を少しだけ見れました!

◆石原正一ショー
そんなに数は見れていないけど、熱さと勢いで押し通す!ってイメージだったのでしっとりしていて新感覚。月だったのか。ちっちゃいピアノハーモニカとウクレレ、ちょっとシュールなのに妙に絵になっていて、じんわり心に染み渡る。

◆匿名劇壇
好き!!ここ二年が同じ演目だったので新作が嬉しかったし、ただ喋るだけで本当におもしろい…。福谷さんの戯曲とそれを巧みに表現する劇団員さんたちほんと素晴らしい。死体福谷さんだと思い込んでたので驚いたし、演目名の意味がラストでストンと落ちてきてもう爽快。

◆無名劇団
初見。元の公演も実際の事件も川端康成の作品も知らなかったので時々混乱しつつも、色んな演劇表現が20分内に盛り込まれてて見応えあった。ダイジェストはやっぱ普通の尺で見たくなるなぁ(当たり前や)。傘可愛かった。

◆jade
ダンス公演普段見ないから文化祭の楽しみ一つなんだけど、全員美しく力強くて最高だったー!衣装も選曲(2曲目と4曲目好き!)もド好みでずっと見てかった。個人的に、だいたい下手寄りに居た茶髪のショートワンレンのお姉さんが目をひいた。

 

Bブロック

コマツマツリ
初見。個人的に「竹尾でーす(名刺)」の方のイメージで、おもしろいとは聞いていたけど予想の数十倍でやばかった。あんなかっこよくサイリウム折るおじさんおる!?細かいネタで畳み掛けてくるけどどれも純粋にクオリティ高いから、おもしろいと同時にただただ感心。

◆いいむろなおきマイムカンパニー
いきなり喋ったの笑った。繰り返されるドアの開閉が、BGMも相まってちょっと昔のRPGのようで楽しい。終盤はゆったりしたマイムで、緩急の差が良かった。結局マイムとパントマイムの違いは何?(笑)

◆十三クラブ
去年蜂で今年Gって!!出オチなのに最後までそれ一本でちゃんと通ってるのすごいけど!わたしは大丈夫だけど、いきなり苦手なものブチ込まれるのほんと演劇の博打感がやばい…。お母さんの顔芸と、シャークさんがかっこよかった。ああいう人(虫?)好き。

◆満員劇場御礼座
今年のダークホースだった…去年の朗らかな内容と、田舎あるあるなおっちゃんたちのテンポの良い会話で完全に油断してた。死んだ近所の人、失った腕、不穏な電話といつの間にか真っ赤な照明、波の音。全てが噛み合って積み重なっていく様が見事…っていうか怖っ!

劇団Patch
普段本公演や他のお仕事を見ているからこそ、文化祭でしか見れない姿が嬉しい。一年ぶりに劇団員と芝居する推しメンが見れて感無量だし楽しかったー!またスーツでガッツポーズ。タイトルを聞いた時から「これは…ダチョウ倶楽部では…」と思ってたけどそんなことはなかった。一人だけ重い過去を背負わされている中山さんに笑ったし、大悟くんの後輩キャラは本当にいいものだ…。みんないいキャラしている。
2016年刑事がコントする話→2017年セキュリティ破る話→2018年ボタンを警備する話となんだか世界観が繋がってそうでおもしろいので、来年も出るならどういう話か気になる。

 

Cブロック

◆THE ROB CARLTON
演目名が去年の続きだったので楽しみにしてたけど最高だったー!あの3人組ほんと好き!変顔に笑っちゃうリーが可愛い。来年も見たいし長編でも見たい。出会い編とか。ROBさんの笑いは全世界に通じる笑いだと思っているので今後も見続けたい。
例の被せネタは不意打ち過ぎてめちゃくちゃ笑ったんだけども、その数日前のPatchラインライブでラスベガスについてとあるエピソードがあり、『ラスベガスで公演やってるPatch』というワードにちょっと泣いた。ありがとうございました。

◆劇団SE・TSU・NA
初見。ゆるっとした空気感良かったしめっちゃ安定感があった。わたしもそっちのアン!?って騙された悔しい…(笑)髪ネタはやはり強い。阿部野橋さん良い人だし海老江さんただのめんどくさい人でなくてよかった。

◆かのうとおっさん
世界観が濃い!!こないだの公演に行けなかったのが悔やまれる内容だった…めっちゃおもろいやん…ベンジャミン可愛い。ロシアン麦茶にハラハラした。「~デンジャ」ーって台詞が身内で流行ってしまったので中毒性がある~!

◆ステージタイガー
絶対泣くのわかってたのに鞄からハンカチ出し損ねてアワアワした。諦めてめっちゃ泣いた。あの暑苦しさもちょっと切ないところも、全力で走る姿もすごく好き。今年は話の構成も特に好みだった。ホットドッグは食べ損ねました。来年こそ。

ヨーロッパ企画
一本目、一つくらい知ってる薬名・怪獣名出るかと思ったらさっぱりだったので混乱した。二本目、客席も途中でオチに気付いて、耐えるような笑いが起き始めた瞬間の「岡野!」がドンピシャ。三本目、消える魔○の中毒性がやばい。全体的にさすがの安定感。

 

2日目

Dブロック

春野恵子
今年もロック浪曲!洋楽には詳しくないわたしでも知ってる曲が多いので楽しめたし、やっぱりエンザーーーイヤーーは予想できてたのに爆笑した。恵子先生の歌を堪能できた。尺的にいつも途中で終わってしまうから最後まで聞きたいな~古典は地味に長い。

ABCテレビアナウンス部です。
今年はかなりの少人数で大変そうだった!時事ネタやパロディやCM挟んだりと年々エンタメ感が増してるので、逆に安心してハラハラできる(?)唐突すぎるオチはひどい(笑)どんどん早くなる早口言葉には感心しかない。プロすごい。

◆劇団赤鬼
5人しか出てなかったのに個性の固まりすぎて異常な濃度。行澤さ…エンタメ澤さん、見た目からして濃い。HEPホールの席番ネタ好きだからここで見れたの嬉しかった!大暴れで楽しかったけど、エンタメとは何かということをちょっと考えてしまう。

◆ばぶれるりぐる
初見。畳み掛けるような幡多弁に大混乱してたら、話の筋にはぜんっぜん関係なくて笑った。男二人のどうでもいい会話の間がとても良い。博多の志保の語感、言われるまで気付かなかった(笑)個人的には十和子かな、と見てもいない看板に思いを馳せてしまった。

変ホ長調
好きな芸能人に何かあった年は色々覚悟を決めてるけど、相変わらずあのゆるい空気感から直球で刺してくるなぁ!昭和懐かしネタローカルネタが多めで良かった。ミルクの旅はまだあるねん、尼崎でもできるイチャイチャの方法がツボ。

 

Eブロック

◆カヨコの大発明
去年めっちゃおもしろかったから楽しみにしてたんだけど、THE FINALってそういうことかー!ロッキー!華やかなバックダンサーと有元さんの貫禄と歌のうまさ、ただのピンクジャケットで終わるわけない是常さんのラスボス感が最高。まだ旗揚げしてなかったのに驚いた。

◆笑の内閣
お一人なのも落語形式なのも普通に大変そう!そのテーマ、昨今色んなことが起こりすぎてもはや懐かしい域になってたんだけど、終わってからのトークも相当ブラックだし新しい話もちょくちょく出てくるので真顔になる…。

◆お~い!久馬(ザ・プラン9)
久馬さんの普段の作風を知らないんだけど、ちょっと怖い感じがビーフケーキっぽい。近藤さん好きなので今年も文化祭で見られて嬉しい。畳み掛けるあんこと鞄じゃないのにめっちゃ笑った。あんこがダメなら饅頭で妥協しないで(笑) 

◆N-Trance Fish
丈二さんの神様めっちゃ可愛くて好き。ほんわか恋愛ものと一瞬思わせての急展開にぞわっとしたんだけど、去年の公演のダイジェストだったのかな?ダンスのクオリティは相変わらず高くて見てて楽しかった。

◆劇団レトルト内閣
今年もこみたお先生良かった。さらっと出てた洋平さんのキャラの濃さよ…叔父貴て。最近ロミジュリ読んだばかりだったので調整下手な中間管理職ロレンス神父がタイムリーだったし、根本的な解決になってなくて笑った。サインの偽造、ダメ絶対。

 

Fブロック

◆Micro To Macro
優しいお話だった…。あんな状況だったのに、みんながそれぞれの事情や気持ちを否定しないのが良かった。ミクマクさんの曲は耳馴染みがよくて好きです。ギター採用以外の願いも、あのあと叶うといいな。

◆ババロワーズ・ラボラトリィ
ババロワーズさんだしコメディだよねと完全に油断してたので、暗転からのオチには小さく「ヒェ……」って声が出た。演目名がモンスターなのに後から気付いたんだけど、どっちが、誰がモンスターなのか。みっちーさんの演技がうまいからまた怖い。

◆劇団壱劇屋
独鬼エピ0と聞いた時から楽しみだったけど、想像以上。鬼のあんな楽しそうな、子どものような屈託のない笑顔で泣いて、途中で展開が予想できて泣いて、全てわかっていてもラストで泣く。迫力もすごかった。「彼」の存在を念頭において見る再演、とても楽しみです。

◆オパンポン創造社
まず野村さんが最後まで服を着ていたのに驚いた(笑)乙姫に何も同情できないの良かった。中身が子どもの役ってだんだんそう見えたりもするものだけど、最後まで4歳には見えない潔いビジュアル。からのカテコがお見事。すでに舞台慣れしてる甥っ子さんが将来有望。

◆MousePiece-ree
毎回あんな意味のわからないゲームをよく産み出せるな…!って感心してしまうし、年齢を感じさせずそれを全力で遊ぶ姿は本当に面白いし森崎さんの全身全霊をかけたツッコミの応酬はすごい。アホほど笑った。二年連続のトリお疲れ様でした。

 

◆田川徳子さんのギャグ100連発
新作嬉しかったー!大事なのは自律神経が集まってる首、が妙にツボった。ライブ配信おめでとうございまーす!去年の公演行けなかったので嬉しい。チケット四連番でゲットしたので友人らと見ます!100個越えてもこれからもギャグを生み出していってほしいです。

◆2日目のMC上田アナ
このブロックだけでも!と出てきてくださった時は嬉しかったんですけど、最終的に完全に代打でしたね…?それを感じさせない明るさと長年の経験によるMC、お見事でした。お疲れ様でした。

総括

そういえば今年は動くエビシーに会えなかったー!
楽しかったんだけども体力的に辛くてちょこちょこ外に出たので、今年は今までで一番外のステージの雰囲気も感じられました。フィナーレ見れてよかった。

プログラムはどのブロックもバランスよかったな~という印象。両日最終ブロックのCとFがアツかった。

カヨコの大発明さんの発想やっぱり好きだなぁとか、匿名福谷さんのホンとそれを演じきる劇団員さんいいよなぁとか、ステタイさんそろそろちゃんと本公演見たいなぁとか、好きなものを改めて好きだと思えた二日間でした。

今回初参加の友人二人と一緒だったので、前日に関西小劇場予習としてPatch8番勝負のDVDを一気見したのも楽しかった!充実したGW!

 

今回10回目、今後も続いていくといいなぁ。来年も行きたいです。
でもぼちぼち整理券当日配布制度は見直して頂けると嬉しい。もしくは列形成の仕方とか。

 

f:id:yhforestmk:20180509223234j:plain

並びに行った時間は30分ほど違うのに番号がほぼ一緒でちょっと笑った図。

あと、二日間の動員(何人くらいなんだろう…ブロック券があるけど、複数見る人も結構いそう)の中で、別ブロックの出演者や出演者の身内友人等関係者、元演劇人(スタッフ含む) 『以外』の100%一般人って、全体の何割くらい居るんだろうな…と、100%一般人の自分は毎年関係者に囲まれながら座っています。聞いちゃいけない話が聞こえてこないかちょっとハラハラする。

 

参加者の皆様お疲れ様でした。
来年こそ、来年こそ座布団用意するぞー!